白内障の原因

​白内障の原因とは

白内障の多くは加齢が原因

白内障は歳を重ねることにより白髪や肌のシワができるのと同様で誰にでも起きる症状です。水晶体の成分であるタンパク質が酸化して濁ることで起こります。白内障は特別な病気ではなく誰でも発症する可能性のある病気のため、発症しても焦る必要はありません。白内障は自覚症状がない状態で早くて40代から発症し、70代以降の高齢者ほとんどの方に症状がみられます。また、白内障の進行を早める原因として、加齢以外にも以下のようなことが挙げられます。

加齢以外で起こる白内障とその原因

ぶどう膜炎併発白内障

ぶどう膜炎の症状と共に起こる白内障です。ぶどう膜炎とは、眼に栄養を与えたり眼を保護する役割の脈絡膜(みゃくらくまく)とピントを調整する役割の毛様体(もうようたい)、眼に入る光の量を調整する役割の虹彩(こうさい)を総じてぶどう膜と呼び、これらの組織に炎症が起こることをいいます。ぶどう膜炎は合併症を起こしやすく、白内障の他にも視野が狭くなる症状の「緑内障」や視力が低下する症状の「網膜剥離」なども引き起こします。

糖尿病性白内障

糖尿病により水晶体に糖の老廃物がたまって併発する白内障です。糖尿病に伴って発症する「真性糖尿病性白内障」と、加齢性(老人)白内障を発症した後に合併する「仮性糖尿病性白内障」に分けられます。年齢はあまり関係なく、血糖値が高い状態が長期間に及ぶことが原因のため、早くて20代から発症することもあります。

アトピー白内障

アトピー性皮膚炎に合併して起こる白内障です。アトピー性皮膚炎と合併する原因は判明していませんが、目のかゆみのために目をこすったり、叩いたり、掻き毟ったりする行為が関与している可能性があるといわれます。また顔の症状が重いほどまた、症状の期間が長いほど白内障と合併する可能性が高いといわれています。

ステロイド白内障

ステロイドの副作用で発症する白内障です。ステロイドの眼科的副作用は白内障の他に緑内障もあります。ステロイドの投与期間や投与量が関係があり、進行が早いといわれています。

外傷性白内障

外傷性白内障は年齢に関係なく生じる可能性があり、眼球に強い外傷を受けることで起こります。外傷によって、水晶体を固定する役割を担うチン小帯の力が弱くなって水晶体亜脱臼を起こしたり、水晶体を包む水晶体嚢(すいしょうたいのう)に亀裂が発生したりすることもあります。また、角膜や強膜、網膜にも外傷による疾患が生じていることもあり、その場合その治療が必要となります。

​紫外線

紫外線​を多く浴びるほど白内障がより発症しやすく、より進行しやすくなります。