白内障の症状とは

​白内障の症状とは

札幌白内障

正常な見え方

札幌白内障

​白内障の見え方(霞んで見える)

札幌白内障

​白内障の見え方(眩しく見える)

札幌白内障

​白内障の見え方(重なって見える)

白内障の見え方

白内障の症状は水晶体が濁ることにより、ピントが合わずぼやけたり、白んで見えたり、ものが二重に見えたり、屋外が眩しく見えたりします。また、夜の街頭の明かりや車のヘッドライトの光を見たときに、光が通常よりも強く感じられたりします。初期であれば薬で進行を抑える事もできますので、見え方に変化を感じた際は早めの受診をおすすめ致します。

白内障の初期症状

白内障の初期症状では変わらず日常生活が送れる程度ではありますが眩しい、逆にものが暗く見える、目が霞むという症状がみられます。進行しても基本的に痛みは無く、普段人は両眼でものを見ているため片眼が白内障になってももう片方でなんとか生活できることから、症状が進行してから自覚することがほとんどです。そのため、早くて40歳過ぎたときから白内障を発症しますが自覚が無く、60歳を過ぎたときから症状を自覚し治療を希望する方が多くいます。