先進医療と選定療養

​白内障における先進医療とは

令和2年4月より先進医療の対象外に

先進医療とは高度な医療技術を用いた治療法で、公的保険の対象になっていない厚生労働大臣の承認を受けた治療です。当院は先進医療である「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設となっており、これまで多くの多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行ってまいりました。民間保険会社との契約内容に先進医療特約が含まれる患者様に限り費用的な負担が軽減されるという制度でしたが、令和2年4月からは先進医療の対象外となったため多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は「保険診療+選定療養」で行われることとなりました。

​白内障手術における選定療養とは

多焦点眼内レンズは選定療養に

選定療養とは、社会保険に加入している患者様が追加費用を負担することで保険適用外の治療を保険適用の治療と合わせて受診することのできるサービスです。白内障手術における選定療養は、手術の技術料は保険診療で行い多焦点眼内レンズの費用については自由診療で行う、というものです。原則、厚生労働省は保険診療と自由診療(保険外診療)の併用を禁止していますので、保険外診療である多焦点眼内レンズを用いた白内障手術はこれまで手術の技術料も100%自己負担でした。しかし、手術の技術料が保険適応となり、選定療養費として多焦点眼内レンズの費用を上乗せする形となるため、総額で保険適応(白内障の技術料)+選定療養費(多焦点眼内レンズ代+多焦点眼内レンズに必要な検査費用)の負担となり、100%自費より費用負担低減がされます。